お仕立て

特殊な仕様

山本きもの工房では生地に合わせて、またお客様の着方に合わせて
特殊な仕様を取り入れることもあります。ここではそのいくつかを抜粋してご紹介します。
この他にも、ご要望があれば打ち合わせの際にご相談ください。

衿糸

sample

裾切れ対応仕立て

technique02

袖付けの「ひ打ち仕立て」

technique03

▶ 打ち合わせ
▶ 
加工料金
▶ 
特殊な仕様
▶ 
納品例
▶ お客様の声

▶ 詳細はこちら

▶ 詳細はこちら

▶ 詳細はこちら

logo01
工房の布たち 房 の 布 た ち
きるものがたり通信
お仕立て 仕 立 て
お教室 教 室
山本きもの工房
ブログ
お仕立て 仕 立 て
お教室 教 室
工房の布たち 房 の 布 た ち
きるものがたり通信
お仕立て 仕 立 て
お教室 教 室
山本きもの工房
ブログ
お仕立て 仕 立 て
お教室 教 室

女性長着の衿を折って止めておくのに山本では衿糸をこのように付けています。
一般的な衿糸は手に掛かったり、糸が戻ったり…スナップは錆シミや畳んだ時の
アタリが心配です。
そこで山本では真綿糸を福木で薄く染めて、数本分を特別に撚り合わせた糸を用意しました。
(沖縄では福木染めは幸せを招くと言われます)
真綿のため、引いた糸が戻ったり動くこともなく、また使い込むほどにふっくらとしてきます。
単純な仕組みで衿糸を付けているので、扱いやすくおすすめです。

着物の裾は非常に痛みやすいところ。痛んでしまってもお直ししやすい様に仕立てています。
写真は袷なのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、
裾の切れは内側からおこるので、裾の返しの部分をテープ状にした共布で作ってあります。
裾が切れたらテープの上下を入れ替えて、
さらに切れたらテープを取り替えて…と再生がききます。
男性の着物は対丈なので、裾が切れたからといって身丈を短くする訳にもいきません。
よく着られる方や擦れに弱い生地の場合にはご指定ください。

男物などの袖付けに取り付ける強度強化と動きやすくするための仕様です。
動きやすくするために男物の袖付けを長めにするという考えは間違いです。
逆に短く、つまり人形を長くします。
そして写真の様に「ひ打ち」をつけると格段に動きやすく、丈夫になります。
活動的な方にはおすすめの仕様です。

logofooter1

Copyright ⓒ 2011-2016 yamamoto-kimonokobo. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー サイトマップ アクセスお問合せ

山本きもの工房 item1a1a 山本きもの工房 item1a1a 山本きもの工房 item1a1a1 山本きもの工房 item1a1a1