お仕立て

お客様の声

山本きもの工房でお仕立てしていただいたお客様の声をご紹介します。

染織作家:吉田さん

▶ 打ち合わせ
▶ 
加工料金
▶ 
特殊な仕様
▶ 
納品例
 お客様の声

以下吉田さんブログから引用なります

2014年6月11日のブログより

⇒ 吉田さんのブログはこちら

有松絞り
有松絞り
工房の布たち 房 の 布 た ち
きるものがたり通信
お仕立て 仕 立 て
お教室 教 室
山本きもの工房
ブログ
お仕立て 仕 立 て
お教室 教 室
工房の布たち 房 の 布 た ち
きるものがたり通信
お仕立て 仕 立 て
お教室 教 室
山本きもの工房
ブログ
お仕立て 仕 立 て
お教室 教 室

この春の私的一大イベントは、清水の舞台からダイブして、単衣の着物を誂えたことでした。やったーー!

頼もうって決めた時から、いろいろあって、仕立て上がって、何回か着るまで、ずーっとドキドキしてました。やっとやっと落ち着いてきましたので、ここにも書きますね。

長年、単衣の時期に自作を着ていないことを残念に思っていたのですが、やっと思い切りました。といっても、自分用に織れる訳ではありません。手持ちの自作反物の中から、売れないかもなってのをおろすのです。実は長さが足りない反物を作ってしまってたのでそれが候補
本来3丈3尺なければならない反物が、2丈8尺7寸6分しかありません。

 

糸とか染めはすっごくいいの。国産座繰りの無撚り糸や、石垣島産の手引き糸など使ってます。これ着物になるだろうか?横浜の山本きもの工房の山本さんにおそるおそる相談してみると大丈夫だよと!下前の衿と衽に別布を入れこむことで見た目は全く遜色ない着物になるとのこと。すごい!山本さん!

別布も、自作布。以前織った単衣にも抜群の着物の余り分を使っていただくことに。それで、いろいろ相談させてもらって襦袢と着物の裏地(居敷宛てと衿裏袖口のすべり)の布も自分で染めることに。

ひゃー自分のことなので一回で書ききろうって思ってましたが長くなりそうなので今日はここまでです。続きもちょっと書かせてね。今回着物を誂える側の気持ち、よーーく分かりました。その気持ちに添えるように私もがんばります。

私の単衣をつくるのに山本きもの工房の山本さんにはとーってもお世話になりました。全身自作の夢をかなえて下さいました。実はお襦袢もつくりましたのよおほほ。

こちらは裁断済みの白生地の状態で送っていただいてうすーい緑に自分で染めた。日本語でいうとひわ色かな?ミントグリーンにちょっと黄色を溶かしたような色。透き通った羽衣系の布になった。

着物の裏につける居敷宛てなども裁断済みを自分で染めた。こちらは薄めの菜の花色というかカナリーイエローというか。かわいい色になりました。

帯もね手元にあった一本をおろしたのだけど(こちらは、1丈5尺と長過ぎ。切ればよかったのだけどどこを出すかを自分で決めていいものやらと思い悩み切れずにいた。

(自分のものにすると決めてから、人が変わったようにバシバシ決めてった。あはは)、「タイコの幅はこの縞からこの縞までの八寸で」「前帯はそれに限らず」「タレ先はこのポイント「長さは私サイズで切って下さい」と指定して、思い通りの帯にしてもらった。

いやーー、仕立師さんって本当にすごいね!山本さんと話してて、実感しました。着物の反物の長さが足りないの、単に形にしてくれただけじゃないんだよ。着物としてカッコいいの格子のリズムも抜群なのだ。縫い方も必要に応じて変えてあって、力が掛かるお尻あたりの背縫いは鬼のように細かいのだ。

今回しみじみ思ったのだけど、仕立師さんと組んで助けてもらうことで、織り手はもっと自由に羽ばたけるのではないか。仕立師さんのすごさを知ってれば、「ねばならない」の強迫観念に押しつぶされそうになることからちょっとだけ解き放たれるんじゃないか。もしかしたら、織ること自体にもっともっと集中して、愛撫するように織れるんじゃないか。

logofooter

Copyright ⓒ 2011-2016 yamamoto-kimonokobo. All Rights Reserved.

logo01

プライバシーポリシー サイトマップ アクセスお問合せ

山本きもの工房 item1a1a 山本きもの工房 item1a1a 山本きもの工房 item1a1b 山本きもの工房 item1a1b item10